審査なしでお金を貸してくれるサラ金・キャッシングの実態は?

審査をしないで、お金を貸してくれるサラ金やキャッシングというのは存在します。
主に、中小の消費者金融に多いケースですが、個人で貸金業を営んでいる方も、
コチラのケースに当てはまることが多いです。

 

こういうキャッシングの特徴としては、「審査はしないが保証人が必要」となることが多く、
何も無しに貸してくれるという業者は少ないです。
しかし、消費者金融企業ではなく、個人で貸金業を営んでいる方の中には、
審査をするのではなく、雑談という感じの面接をして、
そちらで問題が無いようなら、お金を貸してくれるという方もいます。
こちらに関しても、個人間でのキャッシングの法定金利内で利息をつけるので、
消費者金融から借りることを考えれば、遥かに高い金利(年利約108%)となっていますが、
ヤミ金から借りることを考えると遥かに安全です。

 

ヤミ金との違いとしては、「キチンと法律に則った契約書を作成する」というものです。
ヤミ金業者というのは、基本的に法定金利以上の金利を取られますので、
キチンとした契約書を作成しないケースが多いです。
作成しても、貸金業法に則った契約書ではなく、別の契約書に偽装していることが多くなっていますので、
まずは、ちゃんとした契約書が作られるかどうかということを基準にすると良いでしょう。

 

一般的な感覚として、「ヤミ金業者」と聞くと「高金利で貸し金をする業者」という認識が多いかと思われますが、
実は、個人情報の横流しなどにも繋がっていきます。
個人情報と一口に言っても、家族の情報であったりとか、
出身地の情報、そして会社の情報など様々なものがあります。
例えば、遠い親戚で土地持ちの人がいて、自分は知らなくても、
情報を得た者には知る術があります。
そういう情報が詐欺などの悪事の温床となっていることも多いので、
基本的にはヤミ金業者と付き会わないということが大切です。
もっとも、他社で返済を滞っていると、最終手段であるヤミ金でからもお金を借りれなくなるので、注意しましょう。